青春

夜明け前 一雫の酒 コーヒーでまた夜を始める

ヤニ臭い明かりに灯され 下らない話をしようか

 

恥じらいは馬鹿馬鹿しくらいだ 死ぬことも知らないことも

ありふれた夢を語り 代えがたい時を過ごそう

 

楽しいねなんて言わないさ 俺たちは彷徨っているだけ

無駄なんていつだってなかった 毎日がガラクタの山

 

退屈が生み出したこと 思いの外覚えている

完全なものなんて 愛したりしたくねえな

 

またあの話

あいつのこと笑ってしようか

ニルヴァーナでも聞きながら

夜を明かそう

 

それぞれの日々を行く 重い足取りのまま

孤独なこと知ってるから 言い残した「スタンドバイミー」

果てしない彼方へ行こう 過去を理解するため

この時に別れを告げよう 「さよなら」は言わないさ