音源[Music]


作品はストリーミング配信/CD/Soundcloud等SNSサービスに対応しております。

CDご希望の方は無料で郵送いたします。(100枚限定)

お求めはこちらから。

関連コラム:CD無料配布を開始しました!なぜ無料??

1stアルバム 「海月の寝室」

Release:2018/6/25

 

1.無憂宮

2.しけもく (Musicvideo)

3.旅情の季節

4.青春

5.ニジゲンノヨル

6.雑念恐怖

7.錆びた雫

8.ダウナー

9.これから

10.ロードムービー


itunes

Apple

Music

Spotify

Amazon

Google

Play


 

 

 

作品の詳細を見る

自身が16〜22歳頃までに作った曲が中心となる1stアルバム。

モラトリアム期らしい感情が歌詞、音(アレンジ)へも色濃く出ていると思う。

タイトルの「海月」は宙ぶらりん状態の自分をイメージしている。「海の月」とも呼ばれ(若さへの期待)、考えなしにふらふらしているようだと笑われる彼の憂鬱をテーマにしたいことから起用した言葉だ。

一方で「寝室」とは絶対的な安息地であり、自省する場所でもある。

そんなイメージのアルバムだが、それぞれの曲の振れ幅は大きいオルタナティブな作品になったと思う。

 

 

 

1stミニアルバム 「フロー体験」

Release:2018/7/13

 

1.時を超えて

2.派手な靴 (Musicvideo)

3.スワンプマン

4.裸足で波を受け入れて

5.赤光

6.気楽なミュージック


itunes

Apple

Music

Spotify

Amazon

Google

Play


  

 

 

作品の詳細を見る

6曲を収録したコンセプトミニアルバム。「没頭」が題材となっている。

期せずしてポップな曲目が集まり、期せずしてコンセプトの一致するアルバムとなった。明るい曲調が多いが、どれも過去への憧憬や憂鬱・記憶障害、無力感などがテーマとなっており、それでも少しだけ気楽に行こうといったメッセージを込めた。その鍵が「没頭」である。

タイトルの「フロー体験」を無意識的に追求する中での苦悩や葛藤が形となったアルバム。

 

 

 

2ndミニアルバム「平成アンダーグラウンド」

Release:2018/9/20

 

1.生き恥

2.超越ゲーム

3.パトス

4.ネガティブな常

5.フィラメント

6.愚か者の私


itunes

Apple

Music

Spotify

Amazon

Google

Play


 

 

 

作品の詳細を見る

2ndフルアルバムをリリースする前にリリースしてみたかったミニアルバム。

1stミニアルバムとは真逆な世界観で統一させたく思い、非常に密度の高い作品になっている。

6曲のうち、超越ゲーム、パトス、フィラメントについては十代〜二十代前半の頃の楽曲であり、リメイクしたものである。平成の終わりが近づいている今現在、時代を反映するようなネガティブ要素を歌詞に詰め込んだ。内向的な歌がほとんどである。またジャケットは裏表通しての小説の一部として構成し、平成らしいアンニュイな作品として書き上げた。