なんだか1ヶ月ぶりの更新となってしまった。 今日も些細な毎日を報告していこうと思う。 目次は以下の通り。 ・耳の治療を始めた ・音楽の活動状況と今後の見込み ・酒について ①耳の治療を始めた 耳鳴りがうるさくなってしまってから約2ヶ月が経った。 依然として状況は変わらず、治るまでには至っていない。...
時が進むのが早い、そんな10月。 最近は「Voice Diary」としてラジオ的なこともやっていたのでブログが少し空いてしまった。 どっちも並行していかなきゃ。 (ラジオは配信[Broadcast]ページもしくはHPトップページ右部より) なるべく話している内容とは被らない話を書きたいと思う。 PCが壊れたことが最近の大きなトピックスだ。...
秋である。 その涼やかさを感じながら歩く最中、秋と呼ぶことに陳腐さを感じた。 俺にとって今というものは秋ではなく、夏と冬の真ん中なのだと思う。 9月が終わろうとしていた。 以前に音感がずれてしまったことについて書いたことがある。 過去記事:全ての音が半音高く聞こえるようになってしまった話〜「ド」の音が「ド」じゃなくなった...
頑張って小休憩。 そんなこんなでブログを書く。 ここ数日間はいわゆるスランプというやつで、とてもとても辛かった。 それを脱したのがつい昨日のことである。 最近日課でどんな行動をとったか記しているのだが、実は1週間くらいしか苦悩してなかったのだ。 しかしそれは俺にとってとてもとても長い期間だった。...
全てを投げ出したくなるときはないだろうか。 例えば、今夜のこと。 相変わらずレコーディングをしていたのだが、今日からとある新曲のギターのRECを始めた。 ところが全くうまくいかない。 次回作が結構難しいとはいえ、ここまで進捗しなかったことは珍しい。 そうは言ってもライブとかなら気にならないレベルだろう、毎回80%以上の精度では弾ける。...
まだまだ暑さは続くが、夏の終わりは確実に近づいている。 季節とはふとした変化を感じさせながら消えていくものだが、2020年の夏はあっという間のようだ。 世の中は日進月歩とよく言うが、この季節よりも繊細に動いたりはしていないなと思う。 文明が進化したところで人間が進化しているような気はしない。...
頭がおかしくなりそうである。 人はそれぞれの思想や考えを自由に持って良いものである。 暴君政治などは過去の産物であり、少しずつ、その兆しは社会にも垣間見える。 時間はかかるし完全になくなるものではないけれど、ハラスメントや体罰、いじめなどが横行する社会はほんの少し緩和されたように思う。...
今、歌詞を書いている。 前作のリリースから門出するべく、新たなリード曲が出来た。 とてもカッコいい曲。 俺は大体が曲先なので、歌詞を書く作業は骨が折れる。 考えたメロディに適切な語感・意味を当てはめるなんて、よくよく考えてみたら職人芸だ。 そう、俺は今歌詞を作ることに難渋し、''筆''を放り、ブログのために''別の筆''を握っているのだ。...
今日は「表現」について。 サブタイトルは「理論と感情はどちらが人を動かす要素か」ということで、人間を感動させたり動かしたりするのには何が必要で重要なのかということを綴っていこうと思う。 今回は自分がやっている音楽という表現の話だけにはとどまらない。...
病気関連のことを書くのは久しぶりかもしれない。 もはや自分にとっては病気というか性格みたいなものなのだが、そうは言っても嫌なものだ。 もしこの記事を読むあなたが同じ症状を抱えているとしたら先に謝っておきます。 すみません、俺はこの病気を克己出来た人間ではないので、気の利いたことは言えません。...

さらに表示する